<板鍛造/歯型成形/精密抜き>独自技術を強みとする、冷間鍛造+板金プレスの総合塑性加工メーカー

代表あいさつ・経営理念

代表あいさつ

昭和20年頃 創業当時の豊島製作所(東京都要町)

昭和20年創業の株式会社豊島製作所は、スピーカー部品の製造から始まりました。

以後一貫して最新鋭の設備を整備すると共に、時代の変革に対応すべく技術の高度化と生産効率の向上によるコストダウン、製品の高品質化に向け、弛みない努力と研鑚を継続してきました。

しかし、事業環境の変化により、量産効果、価格競争だけでは闘えなくなったとき、生き残るには【世界から要求されるモノづくり】だと、付加価値と技術力の向上を目指すに至りました。

製造品目をスピーカー部品からオートバイ、そして自動車部品へとシフトし、単工程冷間鍛造とパーツフォーマー加工を複合した独自のプレス工法の開発を手がけ、切削加工の内製化を進め、高品質、低コストを実現するフレキシブルな一貫生産システムを確立しました。

現在は、次世代の塑性加工技術として板鍛造・歯形成形技術の開発を進め、さらなる生産性向上をめざして、冷間鍛造トランスファーの展開をすすめています。また、要素実験・試作開発専用ULプレスと金型加工用5軸ジグボーラ―を導入し、お客様のスピードにお応えできる試作開発体制を構築しました。従来の工法では不可能とされていたテーマに対して、独自技術をもって、新しい素材や新しい工法を提案し、お客様と共同して新製品を開発してまいります。

株式会社 豊島製作所
代表取締役社長
木本 健太郎

経営理念

1. 顧客の真の目的を満たすために、最高の技術で革新的製品を世界に提供する。

2. 事業を通じて、人の暮らしと地球環境を豊かにし、小さくとも社会にとってかけがえのない存在になる。

品質方針

顧客要求事項を100%満足できる、高品質で信頼性の高い製品の提供をする。